生命保険や損害保険をお客様の身になってお勧めし、
きめ細かく対応する保険代理店、京都のそなえ。

保険用語集

保険用語集

あ行

一部保険 火災保険などの保険金額が保険価額に満たない保険。対:全部保険

逸失利益 事故を受けたことにより死亡または後遺障害が残ったこで、この被害者が喪失する、いわゆる将来得られた利益を意味する。

受取人保険金・給付金・年金を受け取る人のこと。

運転者家族限定割引自動車保険で運転者を記名被保険者の家族に範囲限定することによって出来る割引。

か行

外貨建て保険保険料や保険金が外貨建てとなり、為替相場でのメリットを利用または影響を考慮した保険。

介護保険被保険者が要介護状態に陥って、その状態が一定期間継続した場合に保険金が支払われる保険のこと。

解除保険契約者または保険会社の意思により、契約が初めからなかったと同様の効果を生じさせること。解除時点から将来に向かってのみ効力を生ずることとしている。告知義務違反による解除が多い。

解約契約者からの意思表示によって、契約の効力を将来に向かって失わせること。

価額協定保険保険会社と保険契約者が保険の目的(建物など)の価額を評価し、罹災時に保険金額を限度に実際の損害額を損害保険金として支払う特約。

過失相殺損害賠償額を算出する時に、相手方の被害者にも過失があれば、その過失を割合に応じて損害賠償額が減額されることをいう。

過失割合交通事故における事故当事者同士の過失(不注意)の度合いを割合で表したもの。

記名被保険者契約した自動車を日常、主に使用する人、保険申込書の賠償被保険者欄並びに保険証券の被保険者(賠償担保)欄に記載している人をいう。

金融ビッグバン銀行のほか証券・保険も含む広義の金融システムに規制緩和を施して市場原理・競争原理を導入し、わが国金融市場や金融業の再生を図ろうとする一連の制度改革のこと。

クーリング・オフ制度契約の取り消し請求権のこと。保険期間が1年を超える長期契約について、契約の申込からその日を含め8日以内であれば契約の取り消しが出来ることとなっている。

契約者(保険契約者)保険会社に対し、保険契約の申込みをする人または法人など。保険契約者=被保険者でない契約の場合も多い。

契約者貸付積立保険(貯蓄型保険)を契約している期間中、急な出費により一時的に資金が必要になった場合、保険契約を解約することなく解約返戻金の一定範囲内で資金の融資が受けられる制度。

契約のしおり保険契約に際して、契約者が保険商品の基礎的な事項について事前に十分理解した上で契約手続きを行えるよう、契約時に配布するために作成された小冊子のこと。

契約の失効険契約が効力を失い終了すること。例えば保険の目的(対象)が滅失した場合などは、保険契約は失効となる。

契約の復活失効した保険契約は、失効後に所定の手続を取ることによって、契約を復活させることが出来る場合がある。

契約日申し込まれた契約の保障が開始される日をいう。

更新型10年更新型など定期保険期間が満了するごとに、更新していく契約のこと。

更新日定期保険などの場合、保険期間が満了したときに、健康状態に関係なく原則としてそれまでと同一の保障内容・保険金額での保障を継続できる制度。

告知義務保険を契約する際に契約の条件を設定するための重要な事実を保険会社に申し出る義務、及び重要な事項について不実のことを申し出てはならないという義務のこと。

さ行

再調達価額火災保険の目的となる建物、または家財と同等の物を新たに建築、あるいは購入するのに必要な金額のこと。

3大疾病保障保険ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病成人病により所定の状態になったとき、生前に死亡保険金と同額の(特約)3大疾病保険金が受け取れる。

時価額建物や家財の再調達価額から、経年による消耗分を差し引いた金額のこと。

始期日保険期間の開始日を言う。

示談法律的には民法695条・696条の和解契約にあたり、相手がある事故の場合に過失割合・賠償額などを相手と交渉して文書化して解決を図ること。

質権設定保険金請求権の質入れの略語。例えば建物火災保険をかける際に担保物権を持つ者(銀行など)の質権保全の手段の一つ。

失火法失火に関しては故意又は重過失でない限り類焼被害を与えても損害賠償しなくても良いとする特別法。

自動更新保険期間の満了と同時に保険契約を自動的に継続させる制度。

車両保険自動車保険の、契約車両の修理等に対する補償。一般車両・車体車・限定Aなどの種類によって補償範囲が選べる。

証券番号契約の維持管理のために契約成立時点で保険会社が各契約に付与する番号。

上皮内ガンガンの一種で主に大腸の粘膜内や子宮頸部などの上皮内悪性新生物のことを言う。

診査生命保険の診査医扱の契約に申込んだ場合には、会社の指定する医師により問診、検診をして契約可能かを判断する。

生命保険料控除一般の生命保険と個人年金を対象に、それぞれの支払保険料に応じ、一定の額をその年の保険契約者(保険料負担者)の所得から控除する制度。

損害保険料率算出機構火災保険・傷害保険・任意自動車保険および介護保険の参考純率ならびに自賠責保険・地震保険の基準料率の算出を行うと共に、関連事項の調査・研究を行っている。

た行

中断証明書廃車・譲渡・海外赴任などで自動車を手放す場合、所定の手続きで将来再び自動車保険に加入する時に中断時と同じ等級が適用できる制度、その証明書。

定款会社の「組織や事業運営の基本となる規則」などを定めたもの。

転換生命保険契約で現在のものを活用して、同じ生命保険会社の新たな保険を契約する方法。

等級別料率制度自動車保険は一般の契約で1~20等級の区分によって保険料が決定される等級別料率制度が採用されている。無事故や事故請求などで上下する。

特約保険契約の主契約内容を変更・補充・拡大・多様化させる際に補足させる特別な約束。

な行

ノンフリート契約自動車保険で、1契約者に9台以下の自動車を保有している時の契約形態。10台以上の契約はフリート契約という。

は行

払戻金保険契約を解約した場合などに、契約者に払戻しするお金のこと。

被保険者保険の補償を受ける人、または保険の対象になる人で保険契約者と同一人のこともあり、別人のこともある。

ファミリーバイク特約自動車保険の個人契約者で同居の家族(別居の未婚の子を含む)が原付きバイクでの賠償事故責任について補償できる特約。

部位・症状別払い傷害給付金でけがの部位と症状によって保険金を支払う方法。けがの部位・症状が確定すれば治療中でも保険金が支払われる。

復活一旦失効した契約について保険会社の承諾の後、契約者は復活保険料を支払い失効前の状態を回復させること。

フリート契約自動車保険で1契約者に10台以上の自動車を保有している時に出来る料率制度。

保険期間保険契約の契約期間で、保険契約においては保険会社が基本的に責任を負う期間のこと。

保険金保険事故により損害が生じた場合に、保険会社が被保険者に支払う金銭のこと。

保険金受取人契約者から保険金の受け取りを指定された人のこと。

保険金額契約者と保険会社との保険契約において設定する契約金額のこと。

保険契約者保険会社に対し自己の名義で保険契約の申し込みをする人をいい、成立すれば保険料を支払う義務を負う。

保険証券保険契約の成立およびその内容を証明する為に保険会社が作成して保険契約者に交付する文書で、Policyともいう。

保険料被保険者の被る危険を保険会社が負担するための対価として、保険契約者が保険契約に基づいて保険会社に支払う金銭のこと。

保険料控除所得税法における所得控除の一つで、社会保険料控除、生命保険料控除、損害保険料控除がある。

ま行

満期日保険期間終了日をいう。

免責保険の約款に定められた、保険金が払われない保険契約上の事由のこと。

や行

約款契約から満期または支払いまでの契約内容を記載したもの。

ら行

リビング・ニーズ特約被保険者の余命が6ヶ月と診断され、保険会社もその診断が妥当と判断した場合に、死亡保険金の全部または一部を被保険者に支払うとした制度。

領収証保険料を受領した時にその証として契約者へ手交する書類(証書)のこと。